新しい日々

ひっそりと赤裸々に

1月の家計簿振り返り。※全資産の前月比増減も一緒に※

こんにちは。

2024年の1カ月があっという間に過ぎていきました。

日が沈む時間も伸びてきて、ちゃんと春に向かっているなと、この季節は特に感じます。

 

さてさて、

1月の家計簿振り返りと、全資産の前月比増減を書き出して

今回も動画チャレンジしました!

 

毎回反省点が多いチャレンジですが、

家計簿への取り組み方にも新しい発見があったりと、

動画チャレンジすることで新発見も多く、楽しいです。

 

まずは、動画のご紹介から。


www.youtube.com

 

昨日アップして、今時点で20回再生~!

嬉しい~。

これまで3回とか5回再生とかで、それでも見てくれる人がいることに驚きやら有難さを感じてきました。

もし、ほんの冒頭だけだったとしても、誰かがポンッと開いてくれたことに感謝です。

 

 

さてさて、今回は、

1月の家計簿振り返りの前に

簡単にキャッシュレスなお金の流れと私にとっての必需品をあわせてご紹介しました。

 

家計簿の数字って、私は皆さまのお給料日ルーティーンを見るのが好きなので楽しいのですが、

ほとんどの人にとっては、特に興味のない数字だろうと思います。

 

それよりも、

2年以上ATMで現金を引き出していないオールキャッシュレスな暮らしを継続している

オールキャッシュレスで家計管理をするためのお金の流れを

出来るだけ簡単にご紹介できたら良いなと思って書き出してみました。

 

出来るだけ簡単に表現するって、、、、、難しいっ。

 

伝わってる?!伝わるの?!

分かっている私にしか分からない表現になっていないか、

心配はつきませんが、

今後もどんどん簡略分かりやすい表現を見つけて、何度も新しい説明の仕方でお伝え出来たら良いなと思います。

 

私自身は、現金で管理していたときよりも、

ずっと家計管理が簡単で楽しく、貯金もしやすくなりました。

そもそも、無駄遣いがとっても減りました。

 

手間がイヤ。

ズボラニスト。

仕組みを作って、あとはほったらかしが好き。

それらが当てはまる人には、キャッシュレスな暮らしはきっと向いていると思います。

 

もちろん、現金で目で見て把握するのも、とても丁寧で素敵です。

給料日ルーティーン動画好きな私にとっては、それらはとても丁寧な暮らしだと思って見ています。

 

どちらもアリ。

今行っている家計管理がちょっと何か違う?

そう思った時に、何かのイメージのきっかけになれば嬉しいです。

 

また資産増減の振り返りなど、

こちらのブログでもご紹介したいと思います。

 

それでは。

今日もお越しくださりありがとうございました。


 ランキングに参加しています 良かったら「いいね」代わりにポチっとお願いします★


にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
にほんブログ村

にほんブログ村 家族ブログ 離婚へ
にほんブログ村

 

 

 

 

12月の家計簿振り返り「ズボラニストでも継続できるシンプルな家計管理」

こんにちは。

1月から新しく始めた動画作成ですが、

相変わらずに試行錯誤&「これじゃない感」と戦いながら楽しんでいます。

 

ナレーションも入れてみよう!

と意気込んだんですが、

自分の声と発音に違和感だらけで撃沈しました。。。

世の中の、動画作成されてる皆さま、本当にスゴイ。

 

今回は12月の家計簿振り返り動画を作ってみました。

とってもシンプルに、たった5分の動画ですが、作成何日?!

 

私の家計簿は、

「ズボラニストでも継続できるシンプルな管理」を大事にしているので

支出項目もめちゃめちゃ少なく

家計簿で見るのは主に固定費と生活必需品だけをカウントする生活費の2項目です。

 

特別費や、自由費(生活に潤いを与えてくれる支出)ももちろん日々の支出としては管理しているんですが、

支出自体は、昨年1年間で積み立てた特別費予算や自由費予算から支出しています。

なので、毎月の家計簿はノーカウント。

 

長年、生活費の月々の支出に大きなブレがあって、

同じように安定してお金は出て行かないのに、

どうやって家計簿で管理するの?!

って、モヤモヤしていました。

 

それを私なりに解決するため形になったのが

「前年の積み立てた予算から、使っていく」という形。

そして、今月は「翌年用に毎月固定の金額を積み立てる」ので、家計簿上では「生活に必須①固定費と②生活費だけを管理」するので、毎月あまり大きな変動なく、安定して管理できる。

という形に落ち着きました。

 

こうすることで、私的にはとても分かりやすくなり、管理が簡単になりました。

 

特別費だけではなく、自由費も積立から支出しています。

これも、私の場合は、

毎月何にお金をつかっているのか?

をよ~く「使う目的」で出費を分けてみてみたところ、

食費や日用品などの生活必需品よりも、

ちょっとしたインテリア雑貨だったり、美容品だったり、食器だったり、

生活必需品じゃないもの、への出費がとても多いことが分かりました。

 

これが、生活費を毎月バラバラに変動させてしまっている。

だけど、我慢して買わないというのも、何か違う。

 

ということで、特別費と同じように、

生活に潤いを与える支出は、交際費も食器もインテリアも美容も

まるっとまとめて自由費として年間予算から支出することに変えました。

 

こうすることで、我慢するのではなく、予算の範囲で遠慮なく買いたいモノが買え、

予算があることで見通しを立てながら、買い物をできるようになり、

余計な買い物が減ったように思います。

 

とうことで、

私の家計簿は①固定費(家・光熱費・通信費など)、②生活費(食費・日用品・交通費など)の主に2項目を管理しています。

 

そのうえで、

毎月必ず総資産を書き出しています。

更に、今回の動画では①現金の総資産前月比増減と、②投資の総資産前月比増減

2つも書き出しています。

 

家計簿は「資産管理」するためのものだと思っているので、

資産が幾ら増えたか、を見える化したいです。

そのシンプルな形がこうなりました。

 

前月より1円でも増えていたら黒字。

ここを大前提に、増減を書き出しています。

 

動画では文字だけのため、とても伝わりにくいなと反省点ばかりですが、

来月の家計簿振り返り動画では、もう少し何か変われるようにしたいと思います。

 

良ければ見てもらえると嬉しいです。

 

 

 

 

今日もお越しくださりありがとうございました。


 ランキングに参加しています 良かったら「いいね」代わりにポチっとお願いします★


にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
にほんブログ村

にほんブログ村 家族ブログ 離婚へ
にほんブログ村


 

 

 

年間190万円プラスの実績。黒字にするための家計管理年間計画。

こんにちは。

今年最初のチャレンジは動画投稿でした!

 

まだまだ分からないことだらけですが、楽しいです。

近頃すっかりはまっている家計管理に関するあれこれを

手探りながら2つめの動画にしてみました。

 

今回は「家計管理の年間計画」です。

私の家計管理は「予算内で暮らせば必ず黒字!」という大きなテーマの中で

なるべく、手間なくオールキャッシュレスで管理しています。

 

一度ルーティーンが出来上がったら、とても楽。

ネットバンクやアプリを使って、考えずに管理できる形を模索してきました。

 

今回の動画は、そんなズボラニストな私にぴったりの貯めるための年間計画です♪

タイトル「年間190万円プラスの実績。黒字にするための家計管理年間計画。」

 

 


www.youtube.com

 

今回は読み上げなしの文字とイラストのみ。

ほぼ、パワーポイントの発表会状態です(笑)

でも、スライドを作るのが楽しい~。

 

内容についてはブログでも書き出したいと思っているので、

またこちらにも詳細をメモしていきます。

 

ちなみに、前回紹介した、はじめての動画チャレンジ。

ただいまの視聴回数4回??

 

うんうん、貴重な4回の巡り合わせに感謝です。

 

今日もお越しくださりありがとうございました。


 ランキングに参加しています 良かったら「いいね」代わりにポチっとお願いします★


にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
にほんブログ村

にほんブログ村 家族ブログ 離婚へ
にほんブログ村

 

 

 

 

新しいこと1つめ

こんにちは。

家計簿ルーティンの動画を見るようになってから

いつか私も作ってみたいと思うようになりました。

 

そこでこっそり?

動画づくりチャレンジ~

 

試しに、パソコンにもともと入っているアプリだけを使って

どんな風に作ることができるのか試してみました💦

 

時間はかかるし、品質低いしで

課題が沢山生まれた動画ですが

せっかくなのでアップしたいと思います~

 

あんまり手厳しいお声がかかると、あっという間に消え去ってしまうかもしれませんので

どうぞゆる~く見守っていただけると嬉しいです。

 


www.youtube.com

 

 

実写・生声一切なし💦

お試し感あふれる動画ですが、初動画で試行錯誤しました~。

 

さてさて、新しいこと1つめ。

今年もどうぞよろしくお願いいたします。

 

今日もお越しくださりありがとうございました。


 ランキングに参加しています 良かったら「いいね」代わりにポチっとお願いします★


にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
にほんブログ村

にほんブログ村 家族ブログ 離婚へ
にほんブログ村

キャッシュレスな家計簿 その①

こんにちは。


家計簿動画に触発されて
私なりの家計簿ルーティンを書き出してみたいと思います。

 

我が家の家計簿は基本、オールキャッシュレス家計簿です。

まずは、大まかな流れから

 

■家計簿ルーティンの流れ  
①基本は家計簿アプリにカードや口座を連携して自動で記録   
②月末に漏れなく家計簿アプリに記録しているかをチェック  
③【月の支出】家計簿アプリからエクセル書き写し  
④【投資記録】NISAやIDECOなどもエクセルへ記録  
⑤【資産一覧】家中の全ての資産も記録   
⑥【振り分け】予算残高を「チリも積もれば山となる貯金」へ

 

私の家計管理は、月末に1回。
ザザッとまとめて書き出し、記録して、余ったお金をスマホから別口座へ移して終わりです。

まめにノートに書くといったことが、全然続かなかった私が
これなら面倒と思わずに続けられる!
という形になったなと思います。

 

家計簿で大事な
・続けること
・予算以内で生活すること
・黒字を継続すること
が、達成できれば、家計簿の目的達成!


この3つを出来るだけ簡単に達成できるようになって、家計管理が楽しくなりました。


とっても長くなりそうなので、今日はここまで。


また続きを書いていきますね。

今日もお越しくださりありがとうございました。


 ランキングに参加しています 良かったら「いいね」代わりにポチっとお願いします★


にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
にほんブログ村

にほんブログ村 家族ブログ 離婚へ
にほんブログ村

最近は家計簿つけが楽しい

こんにちは。

最近は動画で給料日ルーティーンを見ることにハマっています。

みんな、ちゃんとお金の仕分けをし、管理していて本当に偉い!とビックリします。

私なんて、、、40代半ばにして、ようやく自分に合った家計管理の仕方にたどり着き、

家計簿つけが楽しくなったのはついここ数年です。

 

もっと早く知りたかった!

と思いますが、今、無事にたどり着いて良かったです。

 

さて、沢山の家計簿公開動画を見ていると

なんだか私も作ってみたい!と思い始めました。

動画はちょっとハードルが高いので、ブログで書き出してみようかな~?

 

意外と書く項目が多くなりそうなので

目星がついたら書いてみるかもしれません。

 

↓両先生のお話はいつも良いモチベーションをもらいます♪

 


www.youtube.com

離婚前にやって良かったこと。 その3

こんにちは。

 

前回の記事で、「離婚前にやって良かった その2」の

お金の整理の話をしました。

 

それらと一緒に、

やって良かったと思ったこと3つめを紹介したいと思います。

 

その3は、

「一度別居したこと」

 

離婚前に別居の段階を踏むことは、少しイレギュラーかもしれません。

メリット、デメリット両方あると感じましたが

私にとっては、良かったと感じる方が大きかったため、紹介したいと思います。

 

離婚前に別居するメリット&デメリット

 

【メリット】

良かったと思うこと

・離婚の「仮体験」をできた

・その後の「離婚話」がスムーズにできた

・すでに引っ越しを終えているため、後の大変さが減った

・別居の時点で周りにうっすら状況を把握してもらえた

・(別居先が離婚後の新居の場合は)離婚後の手続きで忙しい時期に引っ越しが重ならない

 

【デメリット】

・段階を踏むため離婚しきれていない「あやふやな時期」が発生する

・(仮拠点から離婚後、正式に新天地へ引っ越したため)転居費用が余計にかかる

 

私の場合は、

結婚していた頃の住所→別居時の住所→離婚後の住所 と

離婚後にもう一度引っ越しをしたため、

デメリットに書いたように、余計な引っ越し&住宅費用がかかりました。

 

それをもってしても、いきなり離婚ではなくて、別居して良かったと

私の場合は感じています。

 

「別居」は自分にとっても、相手にとっても、周囲の人にとっても

離婚への準備期間になるように思います。

 

新天地で、果たして自分はちゃんと生活していけるのか?

この一番の不安を、離婚前に体験することで

想像以上に寂しい、と思うかもしれないし

想像以上に楽しい、と思うかもしれません。

お金やお仕事も、具体的に状況が見えてきます

周りの人も、「おや?」と感じとってくれますし、

相手も「一人で生活する」という体験で何かを発見したりするかもしれません。

 

この離婚が、実際には不要なのか、必要なのか。

私は実質3か月の別居期間にいろんなことを考えました。

そうしたことで、離婚後は「想定内」になるから、不安も減ります。

お金は余計にかかったけれど、

別居先が新天地なら、余計な出費もなく、

離婚後の書類やら名義変更やら、女性は手間が多いですが、

それらの忙しい時期に引っ越しという大きなイベントが外れることは

とても手間が減って有難いことだと思います。

↑ 私は引っ越したのでその恩恵はなかったですが💦

 

 

もちろん、これらは「家を出る」側の視点です。

相手に家を出て行ってもらう場合は、また違った工夫が必要かもしれません。

 

「離婚話」をスムーズにできたという点も大きいと思います。

一緒に暮らしていると、「今日」である必要性はどこにもなく、

区切りをつけるための自分を動かすエネルギーが相当必要です。

 

そこで、「別居」という、若干難易度の低い区切りを1つ設定したことで

「ちょっと別に家を借りてしばらく住みます」

というキッカケから

「やはり、これで終わりにします」

という流れは、私にとっては段取りしやすく、

相手にとっても、衝撃度は減るだろうと想像しました。

 

何より、

いつまでも離婚という区切りをつけず、仮拠点に住むという

宙ぶらりんな状況が落ち着かず、

「決めよう!」という前向きな衝動で動くことが出来ました。

 

この別居がなければ、もう数年、モヤモヤした感情の中で暮らしていただろうと思うと

私の場合は別居という段階を踏むことは合っていたなと思います。

 

いずれにせよ、大きな決断には変わりないのだろうけれど。

数年経つと、そんなに大きな決断ということもなかったな、と思うから不思議。

これも、現状がほどほど平和であるからこそですね。

やはり、金銭面の余裕がない時は心が暗くなるという実感があります。

ここをクリアする見込みは、最初に必要な条件かもしれないなと思います。

 

今日もお越しくださりありがとうございました。


 ランキングに参加しています 良かったら「いいね」代わりにポチっとお願いします★


にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
にほんブログ村

にほんブログ村 家族ブログ 離婚へ
にほんブログ村